最終製品や試作品/治具など産業向けに
使用可能な高品質なモデルをForm3で造形してみませんか?

『新方式LFSを搭載した次世代の3Dプリンティング』
Form3は、Low Force Stereolithography(LFS)テクノロジーにより、造形時にかかる負荷を大幅に削減しました。それにより、造形物の品質が従来に比べて向上しています。

XY解像度:25μ
レーザーパワー:250mw
積層ピッチ:25-300μm
造形サイズ:145×145×185mm

Form 3

いつでも高品質な造形を

最高のコストパフォーマンスを実現するForm3は、オフィスでも工場でも自宅でも、場所を選ばずいつでもどこでも安定した3Dプリンティング環境を提供します。ビジネスの成長に合わせてスケールアップが可能な生産ツールです。

Low Force Stereolithography(LFS)™は、フレキシブルタンクと直線照射により、高品質な造形を実現します。

■高精度:
プリンター内部に搭載された独自のLight Processing Unit (LPU)は、レンズとミラーを使用して、正確で再現性の高い造形を実現します。

■クリーンスポットレーザー:
高密度レーザーをフィルターに通し、減衰しないレーザースポットを保証します。

■均一な造形精度:
パラボリックミラーによる反射で、レーザーがプラットフォームに垂直に照射され、均一な造形品質が保証されます。

■透明度の向上:
改良されたLFSテクノロジーによる表面精度の向上により、半透明の素材はこれまで以上にクリアーな造形を実現します。


複合センサーを搭載し、プリント異常を速やかに検知、安定した造形をお約束します。

Form 3は内蔵センサーによって、良好な造形条件を保ちながら造形を行います。常にマシンの状況を確認している為、トラブルが発生した場合すぐに確認する事ができます。

■クローズドループキャリブレーション:
光学センサーによって造形サイズと負荷を連続して補正しながら造形を行う為、ビルドスペース内の僅かなゴミも逃さず検出します。

■シームレスな材料管理:
材料はシンプルなカートリッジシステムの為、簡単に切り替えが可能です。

■交換可能なコンポーネント:
 Light Processing Unit、ローラーホルダ、タッチスクリーンはお客様で交換可能な為、修理配送の手間を削減できます。


試作から生産まで同じプリンタを使用する為、新製品の量産化も簡単に行えます。

■リーズナブルに高品質を:
Form 3 は従来の産業用機械と同等の品質を実現しながら、運用コストを大きく削減する事が可能です。

■購入してすぐに稼働:
Formlabsの3Dプリンタは開梱してすぐに使えるようになっており、どなたでも、買ったその日に造形が可能です。

■リードタイムの短縮:
試作や治具をForm3によって内製化する事で、作業時間の短縮を実現します。また、寸法変更などの細かい仕様変更にも素早く対応可能です。


Formlabsの造形フロー

1)データの取り込み

造形データの作成は専用ソフトウェアの”Preform”を使用します。STL、またはOBJファイルが使用可能です。

2)積層造形

ネットワーク経由でジョブデータの送信を行います。送信したデータは、本体付属のタッチスクリーンによる簡単な操作で管理・造形を行う事ができます。

3)後処理

Form 3のライトタッチサポートはモデルから簡単に引き剥がせるように設計されており、造形後の後処理が簡単に行えます。

目的や用途に応じた様々な材料に対応

材料はカートリッジ式になっています。相互互換性がある為、汎用レジンから、特殊レジンを使う場合でも容易に切り替えが可能です。

洗練されたソフトウェア

Form 3には無料で使用できるソフトウェアが付属しています。洗練されたインタフェースで直感的にプリントの準備や管理を行うことができます。

充実した周辺機材で高品質な仕上げを

Form WashとForm Cureは造形物の洗浄と二次硬化をサポートします。適切な後処理を施すことで変形や反りを抑え、安定して高精度な造形を行えます。